『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊を読む
スポンサーリンク

海堂尊の『ナイチンゲールの沈黙』である。
前作の『チームバチスタの栄光』はとっても面白かった。
展開もスピーディーだしストーリーにも無理がなく、最後まで一気に読んだ覚えがある。
映画やドラマになってヒットしたのも、さもありなんという感じである。
という訳で、前作と同じようなものを期待して読んだのだが、どうもノリきれなかった。

物語は『ナイチンゲールの沈黙』と同じ東城大学付属病院が舞台となる。
前作で登場した不定愁訴外来の田口公平と厚生労働省大臣官房秘書課付け技官の白鳥圭輔も登場するが、今回の主人公は看護師の浜田小夜か? 
網膜芽種(眼球の癌)で入院した少年や子ども達のメンタル面をサポートしようと田口が担当する不定愁訴外来が開設される。
一方で小夜の歌を聞いた東城大学付属病院に入院した伝説の歌手、水落冴子と彼女のマネージャーの城崎は小夜に歌手としての才能を見出す。
子ども達の不定愁訴外来が開設されて、間もない頃、小夜が担当する網膜芽種で入院した中学生、牧村瑞人の父親が惨殺される。
事件を解決するため警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。
そこに白鳥も加わり事件解決へ物語は展開していく。

文章は相変わらず饒舌だし、登場する人物たちのキャラクターも立っているが、サイドストーリーが膨らみすぎて物語に重心がない感じである。
という訳で、途中でだいぶ、端折ってしまった。

スポンサーリンク
おすすめの記事