十六夜亭
いずれの記事も、きわめて個人的かつ主観的な内容です。 軽慮浅謀、無知蒙昧、優柔不断、短慮軽率、独断専行、妄評多罪のこと、お許しください。 まぁ、ゆるーく読んでいただければありがたいです。 ハイ。
十六夜亭の記事一覧
『一九八四年』ジョージ・オーウェル
『テスカトリポカ』佐藤究
『革命前夜』須賀しのぶ
『Ank: a mirroring ape』佐藤究
『げいさい』会田誠
『用心棒日月抄』藤沢周平
『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ
『旅のラゴス』筒井康隆
『ダ・フォース』ドン・ウィンズロウ
『終わらざる夏』浅田次郎
『テスタメント』ジョン・グリシャム
『雄気堂々』城山三郎
『人新世の「資本論」』斎藤幸平