中島京子『小さいおうち』
中島京子『小さいおうち』
スポンサーリンク

中島京子の『小さいおうち』です。
最近、いいなと思う作家の一人が中島京子です。
日常の何気ないことを、過不足のない文章でさらりと描いているのですが職人的なうまさを感じます。
文章もニュートラルで読みやすい。
このあたり、奥田英朗と似た感じがあります。

物語の舞台は戦前から戦後にかけての東京の山の手にある瀟洒な洋館。
主人公はそこでお手伝いさんとして奉公をしている山形県出身のタキちゃん。
ハイカラな奥さんと玩具会社の常務をしている旦那様、そして一人息子のぼっちゃん。
同じ山形出身の自分としては、やはりお手伝いさんのタキちゃんを心配してしまうわけであります。

その一家にもちあがる、こまごまとした事件、ちょっとした色恋沙汰、そして大きく影を落とす戦争。
そうしたことが、女性ならではの視点で生き生きと、そして明るく描かれている。
当時のモダンな家族の生活ぶりが細かなディテールまで描きこまれているせいか読んでいる間、その時代にタイムスリップしたような気にさせてくれる。

戦前の昭和の時代は暗く憂鬱な時代かもしれないが、そうした世の中でも結構、明るくのびのびとしたひと時がどんな人にもあったのだと教えてくれる。
最後の仕掛けは、なかなか泣かせます。

スポンサーリンク
おすすめの記事