紅花書房という古書店をみつける
紅花書房という古書店をみつける
スポンサーリンク

休日の土曜日の午後、ちょっとした調べ物があり山形県立図書館へ行く。
目的は果たせなかったが閉館の時間が迫り、さて、街中に飲みにでも行こうかと、図書館の玄関を出て道路を挟んだ向かい側に目を向けると「紅花書房」という看板があるではないか。
むかし紅花書房という古書店が馬見ヶ崎川の近くの住宅街にあり、店舗ではなく自宅で営業しているという噂は聞いたことがあった。

おお、移転したんだと思い、早速、店内に入ってみる。
山形県にゆかりのある作家の作品が目立つところにディスプレイしてある。
まだ、整理が終わっていないのか商品の書籍には値段が書き込んでいないのが残念。

山形市内には香澄堂書店や紙月書房という、真っ当な古書店がある。
あまり、貢献できていないのは残念だが、こういうところが頑張ってくれているのは嬉しい。
こちらも、時々、覗いてみよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事