三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』
三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』
スポンサーリンク

三浦しをんの『まほろ駅前多田便利軒』である。
本作は第135回直木賞を受賞。
一言でいうならオフビートな男二人の友情物語である。

舞台はまほろ市という東京の町田市をモデルにした街。
駅前で便利屋を営む多田とそこに居候を決め込む高校時代の同級生、行天(珍しい苗字)。
便利屋に舞い込む様々な依頼から物語は展開。

狙っているところは水谷豊や萩原健一が出演したドラマ『傷だらけの天使』と同じようなところなのかなぁとも思ったが…。
上手いけど、やはり作者は女性だなと思わせるところがある。
男の単純さや馬鹿さ加減や悲哀も描かれているが、少々あざといような気も…? でも、妙なゆるさが心地よい。

悪くはないが、ものすごくいいという感じでもない。
とはいえ文章も自然で読みやすく、面白いのは確かである。

スポンサーリンク
おすすめの記事