今野敏『隠蔽捜査』
今野敏『隠蔽捜査』
スポンサーリンク

今野敏の『隠蔽捜査』です。
なかなか、よい、警察小説です。
ページ数もコンパクトでテンポもよい。
ちょっと、主人公と彼の妻の生き方に感動しました。

主人公は警察庁長官官房総務課課長の竜崎伸也。
いわゆるキャリアといわれる警察官僚です。

物語は凶悪な犯罪を起こしたにもかかわらず少年だったため刑が軽くて出所した人物たちが次々と殺害されるという事件が起こる。
犯人は警察関係者にとって、もっとも犯人であってほしくない人物だった。
一方、主人公の周辺でも自分のキャリアを棒に振ってしまうような事件が起こる。
世間に知られないよう犯罪を隠蔽しようと画策する者と警察組織を守るためにも原理原則に従い行動しようとする者たちの生き様が交錯する。

このところ佐々木譲や横山秀夫の作品など、警察を舞台にしたなかなか読ませる小説が多いですな。
レベルの高いミステリーに接する読者が、これだけ多くなると警察を舞台に小説を書く作家もリアリティを持たせるのに大変そうです…。

スポンサーリンク
おすすめの記事